いままでは家の中に隠しておくものだったへそくりも、いまでは銀行に預ける時代になっています。

キャッシングのメリット
キャッシングのメリット

いまどきのへそくり管理術

キャッシングのメリット

以前のイメージでは、へそくりというものは家のどこかに隠しておくものであるというイメージが先行しており、実際にそのようにしてへそくりを増やしていく主婦が多かったようです。
しかしいまではそのようなタンス預金をしている家庭は実に全体の2割くらいしかなく、残りはしっかりと銀行預金になっているようです。
つまりへそくりもしっかりと管理される時代になっているのです。
お金に関する心配は貯金をしていっても尽きないものですが、個人として管理して自由になるお金を作っておきたいという願いに答えてくれるのがへそくりです。
なぜタンス預金ではなく銀行預金にするのか、その理由として「家族に見つかってしまうというリスクがある」というもの以外にも、「自分でどこに隠したか忘れてしまう」というリスクも発生するようです。
その点、銀行預金なら安心なのです。
しかも便利なことに最近ではインターネット銀行の存在によって、通帳などを管理することなく預金を進めていくことができます。
せっかく上手に銀行預金しても、その通帳が見つかってしまえばへそくりの存在が明らかになってしまいます。
その点、ネットバンクではインターネットを使ってオンラインですべてのことが完了してしまうので、まさにへそくり口座としても利用価値が高くなっています。

Copyright (C)2017キャッシングのメリット.All rights reserved.